Kumagoro@parenting


英国の片田舎から東京へ帰還。今度は日本での平凡ながらも楽しい生活について、たま~にUPします。
by kumagoro_uk
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

初めてのエア抜き

本日、初めて俗に言う「エア抜き」というものをしました!
これは多分寒い時期に行う、しかも毎年はやらないであろう、儀式のようなもの?
(ほんとかよ・・)

どういう儀式かというと、セントラルヒーティングのパネルに溜まった空気をプシュー
って抜くんですわ。プシューって。。

なぜそんなことするんですか?と聞かれても専門家ではないので分かりませんが
おそらく、空気がパネル上に溜まってしまうとセントラルヒーティングの効きが
悪くなるんでしょうね。。空気はパネル上部に溜まり、パネルの中をお湯が循環
しないんでしょう。。

あとですねぇ、我家の場合は、セントラルヒーティングが入るたびに家のあちこち
から『ゴボッ、ゴボゴボッ』って音がしてたんですよ。。1時間とかそれぐらいの
間隔で。。我家は一晩中ヒーターいれっぱなので、ゴボゴボ音は一晩中なります。
朝方も。。たまにそれで目が覚める。。

一年前はこんな音はしてなかったので、もしかしてこれが有名なエア抜きをやる
時期なのか~♪とちょっとワクワク。
直んなかったら、もし壊してしまったら。。そうだ、シラを切って大家に報告しよう
なんて考えながら作業に。(壊れるわけがない・・)

知らない人はご参考にどうぞ(欧州限定だろうな)。

【必要な小道具】
・専用の四画レンチ
・もしものための雑巾(湯が噴出したとき用)
f0049081_2251466.jpg
 これがそのレンチ。もともと家にあり、最初は何だか分からなかった。。


f0049081_2273518.jpg
 そして、このレンチで、セントラルヒーティング・パネルの角にあるボルトのようなものを回す。(錆付いているの固い!)


f0049081_2342068.jpg
 シュ~っと空気の音がして、エアが抜けていくのが分かります。プスプスといい始めたら中のお湯が出てくるので、ボルトを固く締め、作業は完了。セントラルヒーティングは静かに、そして効きもよくなります。
[PR]
by kumagoro_uk | 2006-01-27 09:15 | 英国の田舎の暮らし
<< 寒い夜は鍋だね!! 懐かしい(?)味だ~!! >>


カテゴリ
お気に入りブログ
Other Links