Kumagoro@parenting


英国の片田舎から東京へ帰還。今度は日本での平凡ながらも楽しい生活について、たま~にUPします。
by kumagoro_uk
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

<   2007年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ラタトゥーユ 付けの一週間。。。

ちょっと前のこと。。。
うちの料理長(嫁)がカゼでダウンしました。。。
39℃近くの高熱が2日間も!!おそらく、インフルエンザだったんでしょう。。。
(医者嫌いの彼女は結局自力で治しました)

厨房のピンチヒッターは急遽、クマゴロウ・・・
患者さんの食べたいメニューは『ラタトゥーユ』。
『お、おいしぃ、ラ・・・タ・・トゥーユが・・・』と病巣の中でつぶやく患者。。

しかと承りました。
『チリン、チリン♪ お~だ~、カゼに良く利く野菜料理~!!
『うぃ~、むっしゅ』
など、独り言を言いながら、キッチンで久々に腕を振るいました。
f0049081_92963.jpg


まずは
[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-24 09:07 | クマの食卓

家具を修理しましょう!!⑧ 完成しました!!

完成しちゃいましたよ!!アンティークショップで20ポンドとかで買ったヴィクトリアン時代のフット・スツール!
去年の4月からスタートしたので、ほぼ1年のプロジェクトとなりましたね。。もともとのワックスやニスを落としたりして、解体したり、生地を何度も張り替えたり。。長かったなぁ・・・
宿題をやらなかったり、仕事でクラスに出れなかったりしたのも1年かかってしまった理由でもあります。
では、完成品をお見せする前に、最後のステップ。
スツールの裏は、カバー生地の端切れや余った糸がデロ~ンと垂れていたりします。それを覆い被せるために(キレイに見せるために)、底に生地を張ります。
f0049081_8155799.jpg

角の部分の生地がみっともないので、切込みを入れて、余った部分を畳んでしまいます。
f0049081_818563.jpg

さらに仕上げとして、少しでも出っぱっている釘の頭をトンカチで叩いて引っ掛かりが無いようにします。(釘がちょっとでも出っぱっていると、思わぬ怪我や洋服の解れの原因となる)

そして
[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-23 23:30 | kuma's antiques

Theatre of Dreams

ちょっとだけ日にちが遡りますが、先週行われたサッカー国際親善試合 England vs Spain の試合を会社帰りにふら~っと観にいきました!
f0049081_3542557.jpg

いや、正確に言うと「ふら~っと」ではなく、結構気合入れて、就業時間直後にダッシュして行ったんですけどね。。
試合が行われたのはこちら
f0049081_3535598.jpg

そう、「Theatre of Dreams」のニックネームを持つ、イングランドの名門チーム、マンチェスター・ユナイテッドのホームスタジアムである Old Trafford!
サッカーファンならロンドンのウェンブリー・スタジアムの次に行きたいというスタジアムです。
「Theatre of Dreams = 夢の劇場」 の名前の由来は、このスタジアムで数ある名試合と名プレイが行われてきたから。観客は自分のホームチームであろうと相手チームであろうと、良いプレイには拍手喝さいを、そして時にはブーイングや野次を飛ばします。選手にとっては、観客のレスポンスが非常に良いのでプレーしていて非常に気持ちの良いスタジアムと言われています。
座った席は、ピッチとコレだけの距離の席。近すぎず・遠すぎで、試合全体の流れが非常に観やすかったです。
f0049081_847125.jpg


肝心な試合内容は・・・
前半にスペインが一点先制してそのまま逃げ切り。。。しかし、親善試合のためか、全体的に締りの無い試合でした。。。試合が終わった後はイングランド・サポーターからはブーイングの嵐。。お疲れ様の拍手ではなく、ブーイング。。。
夢の劇場の厳しさ、そして、英国人のサッカーに対する熱い気持ちを改めて実感した試合でした。
[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-12 04:03 | 英国の田舎の暮らし

家具を修理しましょう!!⑦

木曜日からイングランド中部・南部そしてウェールズ地方は大雪に見舞われてしまいました~!!
(新機能を使ってみたく。。。無意味に極太にしてみました)
おかげでジムにも買い物にも出かけられず、家で夫婦二人で新品の木箱をアンティーク調にしたり、以前に紹介しました裁縫箱の修理に励んでます。。

さて、しばらく連載が止まっていた家具の修理ですが、前にやった宿題に○がついたので、先の作業に進むことができました。
まずはおさらい写真から・・・
前回はここまで進んでましたね。
f0049081_19444041.jpg

つぎは、上の写真で打ち込んだ釘より下に余った布を釘の1.5センチ部分まで切り落としてしまいます。
そして、上にポリエステル製のクッション地を敷きます。
f0049081_19414147.jpg

これはクッション性を高めるのと同時に、これから仕上げに張る生地が縦横にずれるのを防ぎます。このクッションの大きさは座面からちょっとはみ出る程度でOKですね。

そしていよいよ、座面の表面を仕上げる生地をかぶせます。
スツールの側面に釘で打ち付けるのでその分の余裕を持たせて切ります。
f0049081_1919552.jpg

また、張り上がりの模様がどうなるかなどを考えて切るのも大事ですね。今回の生地を使った場合はこんなカンジかな・・
f0049081_19204470.jpg

生地は、ローラ・アシュレーの生地を使いました。カントリー調でいいかな。。と、二人で選びました。
次に、生地をずらさないように、かつ、ピンと張らせながらスツールに仮打ちしていきます。
f0049081_19232847.jpg

f0049081_1925064.jpg


中央から縁にかけて手でググッと生地を押しながら撫でて、たゆみがなければOKです。
そしたら、さらに釘を打ち付けて生地をシッカリと固定します。
f0049081_19275167.jpg


角の部分の生地が余るので、この部分は切り込みを入れてクッションの中に押し込みます。
f0049081_19291139.jpg


すると、こんな感じにキレイになりますね。。
f0049081_19302078.jpg


もうすぐ完成です!!
[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-10 19:35 | kuma's antiques

チュニジア旅行 ~ 最終章 My Favorite Photo ~

チュニジア旅行はKumagoro家にとっては最高の旅行となりました。
今までに行った旅行先の3本指に入ることは間違いない!絶対にオススメです!
(一番はスイスです。。これは今のところ譲れず。。)

今日は、数あるチュニジア旅行の写真のうち自分が気に入った写真を紹介し、チュニジア旅行記を締めくくりたいと思います。
チュニジアン・ブルーの街、シディ・ブ・サイド。
f0049081_8554997.jpg

f0049081_8563145.jpg

朝焼けのグランド・モスク
f0049081_91170.jpg

f0049081_915920.jpg

とある軒先の猫・・。
f0049081_934948.jpg

砂漠に沈む太陽
f0049081_955567.jpg

何故か癒される表情の持ち主。。
f0049081_973757.jpg

ここから先がサハラ砂漠
f0049081_9144132.jpg

お茶の時間・・
f0049081_916121.jpg

If I were a bird....
f0049081_9171755.jpg


あちらこちらで、怪しげな日本語やら中国語で話しかけられてちょっぴり不快な気分になったりもしましたが、総じて素晴らしい旅行だった!というのが正直な感想です。
まだあまりポピュラーな旅行先となっていない今のうちに行くのがオススメと思います。
長々とチュニジア旅行記に付き合っていただき、ありがとうございました!
f0049081_9213042.jpg

[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-06 09:09 | 海外旅行

チュニジア旅行 ~PART4 映画ロケ地編 ~

今回は、チュニジアの映画ロケ地をご紹介。

本題に入る前に・・・・
危ない!!ラクダを跳ねる!!
f0049081_8462784.jpg


こ~んな経験、したことありませんか?
ありませんよね~
私は、道路を横切るいろんな動物を見てきましたが(牛・羊・キツネ・アナグマ・ハリネズミ・ウサギ etc)、さすがにラクダは初めてです。あたりまえ!
さすがチュニジアです。。ちなみに、このラクダは放牧されているラクダということでした。
f0049081_8502384.jpg


ロケ地の紹介
[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-05 09:09 | 海外旅行

チュニジア旅行 ~PART 3 砂漠編 ②~

ご無沙汰してしまいました。前回のアップからだいぶ時間が経ってしまいましたね。。
チュニジア旅行も、「え・・?そういえば、そんな国に行ったね」って感じになってしまいましたね(笑)
前回の記事で「次回は山岳のオアシスへ・・」な~んて、予告しておいて放ったらかし。。。
そんなわけで、続きを書きたいと思います。
と、その前に・・・
f0049081_8214676.jpg

こちら、チュニジアで一番高い滝だそうです(マジです)。
砂漠だらけのチュニジア、滝があるだけですごいですよね。

さて、滝があるということはそれなりに高い山もある。。はい、山岳のオアシスへの入口へ来たという事です。山岳のオアシスの近くにはシェビカという旧村があります。この村はつい最近まで実際にベルベル人が普通に住んでいたそうです。大雨で砂岩の屋根が崩れ落ちてしまい、村を退去したそうです。
f0049081_829654.jpg

山の上にあるため、周りの砂漠が見渡せます。
f0049081_830966.jpg

そして、旧村を背に山を登っていくとこんな景色に出会います。
f0049081_8334239.jpg

f0049081_8363010.jpg

f0049081_8365377.jpg


そして、最後に辿り着くのが、山岳のオアシスの水源です。地下から湧き出していて、ぬるま湯?といった感じでした。
f0049081_8391128.jpg

[PR]
by kumagoro_uk | 2007-02-05 06:20 | 海外旅行


カテゴリ
お気に入りブログ
Other Links